2008年02月01日

Child Treeの改造

 フォームデコード部分でSpeedyCGIがひっかかってるっぽいことまでわかったのが前回。

 CGIモジュールを使ってフォームデコード部分を置き換えてみました。
 ちょっと動作が怪しかった部分もあるけれど、動いた。SpeedyCGIもエラー吐かない・・・と思ったら管理者モードから記事が削除できない OTZ

 グローバル変数なんてキライだー

 コードの解析は明日に回すとして、今後の方針をそろそろ考えなければ。
 管理者モードで削除フラグ立てている変数が見つかればいいが、そうでなければどうするか。

1.元のスクリプトをApache::PerlRunで動かしてみる。
2.新しく書く。

1・・・毎回コンパイルされたんじゃ意味ないじゃんとか思いつつ、実は今までの作業が一番無駄にならない。

2・・・中身すっきりで自分好みなスクリプトが書けるが、いきなりツリー掲示板作るのはロジックが…。


妥協点:
ChildTreeはmod_perl位で留めておいて、ファイルアップロード掲示板は別に作成?


posted by 鯖缶 at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただいま開発中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。