2007年11月18日

ChildTree改造版::use strict;

 ChildTree改造版のお話。
 use strict;を置く場所間違ってました。サーセン

 ちゃんと(?)Perlパス宣言の後に置いたら、出るは出るはエラー・警告の嵐・雨霰。
 場当たり的に(コラ) perl -wc の結果を秀丸正規表現&Excelで未宣言変数を洗い出して手当たり次第にour宣言。

 ついでにファイルテスト演算子-M を使っているところをtimeとstatを使った式に置き換え。

SpeedyCGIでもとりあえず動くっぽい。ただ、

>myで扱われる属性
>my で扱われる属性の扱いがコンパイル時からランタイム時に変更となりました。
(SmartSmart http://www.rfs.jp/sb/perl/10/perl58.html

があるんで、Perlのバージョンが5.8以上に制限されるかも。
 あと、設定ファイルをrequireじゃなくてsysopen&evalで読み込むのがなんとなく(根拠はなく)気持ち悪い。


posted by 鯖缶 at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただいま開発中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。