2013年06月28日

株の運用状況・・・というよりSBI証券と住信SBIネット銀行を勧める記事

 Nginxでリバースプロキシサーバ立ててアクセス快適にしたいな〜、でもうちのページってPHPでメニューとかヘッダとかincludeしてるから、HTMLやSSIにしないと、PHPの結果をキャッシュされても困るな〜、などと冷房つけても30度になるPCの前で考えてる鯖管です。久々の投稿なのにサーバの話題でなくてすいません。

 先週、今週と世間では株主総会が集中していましたが、悲しいかな平日はお仕事のある身ではなかなか株主総会には行けません。なんか、出席者にはお土産も用意されているらしいとか。
 で、株主総会では大抵、配当金の審議とかもあるわけですが、これがまたここ1週間で続々入ってきました。テレ東HD、KADOKAWA、もしもし、GMOインターネット、バンナムHD、コーエーテクモHD、東映アニメーションからの配当が6/24〜6/27に集中し計19,458円(税引き後)です。
 なお、貸株制度(優待取り)を利用していますので、優待がない銘柄については証券口座に配当金相当額が証券会社から入金されます。さくらとかさくらとかさくらとか。なお、証券会社はSBI証券でございますです。

 SBI証券のよろしいところは、銀行である住信SBIネット銀行とシームレスに連携できるところでしょうか。ネット専業銀行なので、普段使いの口座(都市銀行)から資金を移動するには振り込みとかをしなくてはいけないのですが、SBI証券の証券口座には即時入金サービスを利用して時間外でも無料で資金が移動できます。更に、証券口座の資金で余ってる(買付とかに使用しない)資金は、夕方に自動的に住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金口座に振り替えてくれます。(7月8日からは当日に入金した資金も振り替えてくれるようになります)
 SBIハイブリッド預金口座に入った資金は、基本的に24時間365日無料で代表口座(振込などの決済に使用する口座)に振替できますので、1日位待てる人は他銀行口座→SBI証券→SBIハイブリッド→住信SBI代表口座へと無料で資金移動ができ、振込手数料が節約できます。(無料振込特典が余ってる人ならダイレクトに住信SBI代表口座に振り込んでしまってもいいのですが)

 ちなみに、SBIハイブリッド預金はこの口座からダイレクトに振り込みなどができない代わりに、SBI証券の証券口座と同じように株式の買付などに利用することができます。証券口座で足りない分はハイブリッド預金口座から証券口座に振り替えて買い付け資金に回されます。というか、証券口座の残高は1日の終わりにハイブリッド預金口座に自動的に移動されるので、売却や貸株金利の受け取りなどがその日にない限り、残高は0ですが・・・。
 また、SBIハイブリッド預金は利息はちょびっといいです。6/27日現在、年0.1%です。ちなみに旧銀行名が3つくらい連なってる某都市銀行の普通預金利率は年0.02%です。この某都市銀行の1年もの定期は年0.025%です。なんか、小数点の位置が1桁ずれてるような錯覚に陥りますが、少しでも金利が高い方がいいですしね。
 なお、SBI証券の貸株金利はキャンペーン的銘柄を除いて、概ね年0.1%です。単元株ギリでホールドしてると、明細に0.xx円の入金が並びます。
posted by 鯖缶 at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。