2009年03月01日

Debian5導入手順

後から見返すこともあるかもしれないので、書いておきます。
Debian4(etch)からDebian5(lenny)への以降手順について。

 ML115-G1は引き続き使用します。
 Opteron1216積んでるし、ECCメモリも1GB×4本も載っけてるんで勿体ないです。次に入れるとしたら、ML115が限界に達してからで、PhenomIIかcorei7で組むと思います。(その前に回線が悲鳴上げそうですが)

 以降作業中のバックアップサーバには、Pentium4を搭載したDellのデスクトップ機(以下Dell)を使用します。

1.DellからGigabitLanカード以外の拡張カードを取り外し、接続
2.DellにLennyをインストール
3.DellにaptでApache2,PHP,MySQL,ssh,webminなどをインストール
4.DellにPerlモジュールをインストール
5.ML115のApacheを止める
6.DellからML115にFTP接続し、/home以下のファイルをコピー
7.Dellの/home以下のパーミッションをチェック
8.DellのApache2を起動
9.ルータのポート80番の振り分け先をDellへ
10.ML115シャットダウン
11.ML115からHDDを取り外す
12.折角の機会なのでML115に溜まった埃などをお掃除
13.ML115に新しいHDD(システム用2台、データ用2台)を取り付け
14.ML115を接続
15.ML115にDebian Lennyをインストール。その際、システム・データでそれぞれRAID1を構築
16.ML115にApache2,PHP,MySQL,ssh,webminなどをインストール
17.ML115にPerlモジュールをインストール
18.DellのApacheを止める
19.ML115からDellにFTP接続し、/home以下のファイルをコピー
20.ML115のApache起動
20.ルータのNATを元に戻す
posted by 鯖缶 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 障害・メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。