2008年07月14日

GD::SecurityImage::Magick

 GD::SecurityImage::Magick というPerlモジュールがCPANにあるらしい。
 ChildTree改造版のCaptchaは、現在Image::Magickで書いていますが、ノイズを乗せるのが精一杯でラインを引いたりとかはできなかったので「ん〜、いまいち」とか思っていたわけです。

 drk7.jpのエントリを眺めていたら、GD::SecurityImageというモジュールがあるというので試しにCPANで入れてみました。
 中身を見てみると、GD::SecurityImage::Magickというのも一緒に入っており、マニュアルを眺めると「GD::SecurityImage::Magick - Image::Magick backend for GD::SecurityImage.」とのこと。Image::Magickを使ってCaptcha画像を生成できるようです。

 Image::Magickは、サムネイル画像を生成するのに使用中です。これに加えてGDも必要となると、いろいろ導入障壁が高くなりそうだったのでありがたい話かも。
 まだChildTree改造版には実装していませんが、とりあえずメモメモ。
 ただ、最近はCaptchaも「人間でも読めない」という意見が多いので、いわゆるなぞなぞ認証に似たものを実装する必要もあるかもしれません。


posted by 鯖缶 at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただいま開発中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。